花かごしま2011出展作品が日本造園協会賞を受賞
株式会社 光林緑化は、ISO9001を取得いたしました。
光林緑化のムーくんです!

緑のアラカルト

樹木の害虫

鹿児島で今年発生した病害虫

ケブカトラカミキリ

  ケブカトラカミキリ


イヌマキ・ナギの粗皮下に産卵し幼虫が粗皮下を不規則に食害する。

1頭あたり40個程度を10日程かけて産みます生きた木にだけ産卵する。

キョウチクトウスズメ

  キョウチクトウスズメ


キョウチクトウの葉を食べる

チャドクガ

  チャドクガ


カンツバキ、サザンカ等の葉を食害する。
毒毛針に刺されると激しい痒みが2~3週間続く。
幼虫に限らず脱皮殻、さなぎ、成虫卵すべてが毒毛針で刺す。

薬剤、防除方法及び時期等はご相談頂けたらご説明致します。

PAGETOP

ポポー

ポポー

バレンシア科アシミナ属 落葉高木 果樹
木になるカスタードクリーム、幻の果樹、魅惑の果実などと言われるほど魅惑の珍果。

原産地
原産地は北アメリカ南西部で同地域には、約8種が自生

バレンシア科の植物の中で、唯一の温帯果実です。

ポポー

日本には明治27~28年頃小石川植物園に植えられたのが最初です。
その後明治38年頃京都農事試験場でも栽培されたと言われています。
病中害に強く・無農薬で楽に栽培でき、果実が楽しめ、秋の紅葉が美しく庭木向きである為開拓者の庭先に植えられ各地に普及した様です。
トロピカルな芳香と、ねっとりとしたカスタードクリームの様な味が、昭和の初期に珍果としてブームになったそうです。ただ果樹園での栽培は見られませんでした。

樹高3m~10mの落葉高木で実生の1~2年の成長は緩慢ですが、その後旺盛となり5~6年で結果し始めます。
12年~13年で盛果樹齢となります。根が直根(ごぼう根)で移植を嫌います。耐寒性が強く日本のほとんどの地方で栽培が可能です。
花は葉が出る前に幹から直接下向きに咲き、最初は緑色をしていますが、やがてチョコレート色に変わり、花時期は4月ごろです。
果実は、10cm~15cmの楕円形をし、アケビに似ています。そんなところから別名『アケビガキ』と言われています。
収穫時期は早いものは8月末で、11月頃までです。

黄色・橙色に熟すとひとりでに落下します、その時が食べ頃、独特な香りと味を楽しめます。またポポーは、追熟するので緑色で収穫し、2~3日して黄色く熟してから食べます。ただ、種子はしっかりした物が入っています。栄養の価も高く、ダイエット食品としての利用価値が高いようです。

食品のPH値は殆どが酸性で果実においても全般にPH値は低いそうですが、ポポーのPH値は6~7と高いそうです。

ポポー

現在では手に入り難いですがハーブ園・果樹園等で扱っている所もあるようです。
但し、完売等が多いようです又、果実の申しこみは8月頃からの予約のようです。
苗は葉の落ちた12月~3月に移植します、こちらも完売等多いようです。
インターネットで探して食べるか・苗から育てるか試してみては。

PAGETOP

バラ

バラ

古代エジプトやローマ時代からさいばいされたといわれています。
多彩な品種が交配によって作り出されるようになったのは19世紀に入ってから。

以来「花の女王」とし世界中で栽培されています。

原種は北半球の各地に100~200種もあると言われています。

日本には、ノイバラ・ハマナス・サンショウバラ・テリハノイバラ・ナニワニイバラなどの原種が自生する。
栽培種は交雑が多く品種の系統的分類は難しいが、四季咲き大輪ハイブリッド・ティ系と中輪房咲きのフロリバンダ系が主流で、他につるバラ系・小輪房咲きのポリアンサ・ミニアチュア系などがあります。 栽培品種は日々増え、名前も素敵な名がついています。 又花色も赤・白・黄色・ピンク・オレンジ・ブルー(紫系)・黒(深紅)と多彩です。 少しご紹介しましょう。

日本の在来種

まずは日本の在来種をご紹介します。

サンショウバラ

サンショウバラ

ハマナス・赤

ハマナス・赤

ハマナス・白

ハマナス・白

ナニワイバラ

ナニワイバラ

ノイバラ

ノイバラ


ハイブリッド系/栽培系

大輪の立派な花をつけます。1867年「ラ・フランス」が最初の品種です。

シャルルゴールド

シャルルゴールド

ホワイトクリスマス

ホワイトクリスマス

朝雲

朝雲

アカペラ

アカペラ

マルコポーロ

マルコポーロ


フロリバンダ系

1本の枝に小さめの花をたくさんつけます。

プリンセスミチコ

プリンセスミチコ

ゴールドマリー

ゴールドマリー

モナリサ

モナリサ

ブライダルピンク

ブライダルピンク

チャールストン

チャールストン


ミニチュア系

コンパクトで場所を取らない、ベランダでの栽培も楽しめます。

テディベア

テディベア

テディベア

テディベア

ペーパードール

ペーパードール

アルバメイアンディナ

アルバ
メイアンディナ

ゾンネキント

ゾンネキント

ペーパードール


ツルバラ

つるの長さは2m~5m大半が春の1季咲きです。庭や棚・アーチに巻きつかせて楽しめます。

ツルバラ

ツルバラ

シーザー

シーザー

トラディスカント

トラディスカント

シュネーバルツァー

シュネーバルツァー

カクテル

カクテル


栽培のコツ

病気・害虫の被害を受けやすく防除・剪定等まめに手入れをしないと良い花は望めません。
特に肥料切れは禁物です。朝日の当たる風通しの良い所で、腐植質に富んだ水はけの良い土に植え手入れを怠らないことです。
もっと詳しいことは、インターネットの薔薇で検索してみてください・・・
育て方・新品種・バラ園の所在地・香り・食べる等たくさんの薔薇専門のホームページがあります。インターネット薔薇の旅をお楽しみください。

PAGETOP

桜 Prunus x yedoensis バラ科サクラ属

日本の春を告げる花です。
サクラ前線を追っかけて日本縦断とシャレて見ませんか?

分布

自生の分布は北半球温帯にあり ヒマラヤ・中国・韓国・日本などです。
中でも日本は大変多くの種類があります。
又南半球のアンデスの山にも少し分布しています。
山桜などの野生種約10種を基本に園芸栽培種は800種を超えるともいわれます。
ほんの一部ですが花の形状の色違いを少しご紹介しましょう。
樹種と場所を探せば年中日本のどこかでサクラを見れるのです。

1月 2月 3月 4月

冬桜(一重)
琉球寒緋桜

            ソメイヨシノを追いかけて
九州から北海道まで
     

山桜
寒緋桜
江戸彼岸桜

  

枝垂れ桜
琴平
左近
佐野

  川津桜        
5月 6月 7月 8月

ソメイヨシノを追いかけて
九州から北海道まで

               千島サクラ
(北海道)
           小休止   
  奈良八重(葉がやや先行)  
  ミヤマサクラ                  
9月 10月 11月 12月
  小休止    

不断桜
10月下旬~4月下旬(伊勢市)

   

三波川冬サクラ
(落葉後)

       

十月桜
子福桜(八重)

       

2003年は、14年目に初めて花を咲かせた鹿児島県立図書館の薄墨桜。今年も楽しみに待っています。

PAGETOP

イチョウ

銀杏(イチョウ) Ginkgo bilba イチョウ科イチョウ属

イチョウ

葉っぱの形から広葉樹のようですが種としては、針葉樹に近いものです。
左の写真はラッパイチョウの葉です。

名前の由来(写真は、福山町の夫婦イチョウ)

中国名:鴨脚樹・公孫樹

鴨脚樹は葉の形がアヒルの脚に似ているからだということです。

公孫樹の由来は実がなるようになるのに長い年月を要し、祖父が植えても実を食べられるには孫の代になるからだということです。

和名:いちょう、漢字だと銀杏・公孫樹

銀杏は漢音ギンキョウをギンアンと発音、別にインキョウ・イキョウと読み転じてイチョウ又、中国名【鴨脚(イーチャウ)】が転訛して和名イチョウになったということです。

学名のGinkgo bilba Linnについて

銀杏の漢音読みのギンギョウ(Ginkio)をGinkjoと誤記し、さらにGinkgoとミスプリントされ現在の学名や英名となったそうです。
bilba=biloba;二つに浅く裂けた、biは二つの意、(葉の形から)Linn.は、1735年、この命名法を確立したスエーデンの植物学者リンネ(Linne)です。

福山町の夫婦イチョウ
基原・形態(写真は、雄花)

  基原・形態(写真は、雄花)


落葉高木で大きなもは樹高30m~40mあまりになる雌雄異株の木で花弁を持たない花を咲かせます花期は4月末~5月ごろで花粉を風にのせ飛ばして受粉させます雄株は1km四方の雌株に受粉させるとこが可能です。

分布(写真は、雌花)

  分布(写真は、雌花)


中国浙江省にわずかに自生するといい、中国・朝鮮半島・日本及び世界の温帯地域で栽培されています。

薬用部分・薬効(種子を和名 銀杏(ぎんなん)、漢方で白果という)

  薬用部分・薬効(種子を和名 銀杏(ぎんなん)、漢方で白果という)


薬効として鎮咳去痰作用があり、痰のからむ喘息に用いられるほか、尿失禁や白帯下にも応用されるギンナンの主成分は、糖質・脂質でほかにカロチン・ビタミンCを割合多く含むそうです。

近年葉も薬用として用いられ、葉にはギンゲチンなどフラボノイドが含まれるフラボノイド等の血管拡張やコレステロール低下・抗炎症・血小板活性化ほかの作用が報告され、ヨーロッパで製剤が開発せれ高血圧症・血管障害などに応用されるそうです。

材質・用途

樹幹は緻密でで加工し易く将棋の駒将棋盤をはじめ、彫刻材として利用される又日本料理でまな板として利用されます。
中華料理で欠かせない厚い小口切のまな板もイチョウ素材だそうです。

PAGETOP